ホーム>新聞 T   T   T
吉林省が全国率先に戸籍証明省内異地受理業務開始
2018/07/23     出所:

   全国公安機関の「権限委譲?管理強化?サービス最適化」改革のテレビ会議精神を実行し、吉林省公安庁が全力で公安機関の「一回だけ手続き済む」改革を展開することを目的とし、7月20日から、吉林省は全国率先に戸籍証明省内異地受理業務を開始した。現在、公安派出所が発行できる戸籍証明は主に戸籍登録項目の変更更正証明、戸籍抹消証明、親族関係証明、臨時身分証明4種類がある。

  本日から、公安機関の関連システムで申請者の情報を検索できることを条件にし、申請者が本人の住民身分証、戸籍簿など合法的有効な証明書を持って、居住地、仕事地の公安派出所に上述の証明を申し出することができる。他人に委託する場合は、依頼人と委託人の住民身分証、戸籍簿など合法且つ有効な証明書と委托書を提出し、人民警察のチェクを経て受理することができる。公安システムに関連情報がない場合は、紙質書類で実証される情報を出し、申請者が戸籍所在地の公安派出所にて申しすることができる。

  省公安庁戸政管理本隊の関連責任者は、「戸籍証明の異地受理は、行政審査の便利化を図る具体的措置として打ち出され、戸籍窓口の規範化の建設、大衆負担の軽減にとって強い推進力がある。申請者は実態のニーズに応じて、「現地の最寄り所」で申請することを原則にし、仕事地方、居住地の公安派出所に関連の戸籍証明を申請できる。仕事地方と戸籍所在地の間に往復必要なく、費用の削減と時間の短縮にもつながる」と紹介した。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド